デフォルトの設定を変更する

wifiはきちんと設定すれば十分なセキュリティを保って使うことができます。まず、wifiルーターが自宅に届いたら、デフォルトで設定されている管理画面へアクセスするためのパスワード、ルーターのSSID、そして通信内容を暗号化するためのキーを変更してしまいましょう。
多くの機種で管理画面へアクセスするための初期パスワードは固定されており、またSSIDと暗号化に必要なキーは端末に貼られているシールに記載されているからです。なんらかのきっかけで第三者がこの記載を見ることができたら、wifiルーターを勝手に使われてしまう可能性が出てきてしまいます。

ルーターを勝手に使われると、自分のIPアドレスで第三者があちこちのサイトにアクセスできることになり、もしそこで第三者がクラッキングなどの不正行為を行えば、ルーターの所有者である自分が疑われることになって大変です。

SSIDのステルス化とMACアドレス制限

初期のSSIDや暗号化キーを変更したら、今度はSSIDを隠す設定を行いましょう。これはステルス化と呼ばれるものです。SSIDを隠すと、スマートフォンやノートパソコンで周囲にあるwifiルーターの一覧を表示したとき、出てこなくなります。wifiルーターからの電波はだいぶ飛ぶのでSSIDを隠さないと、たとえば集合住宅の一階に設置しているwifiルーターの存在がお隣や二階に住んでいる人にわかってしまう可能性があり、セキュリティを保つにはマイナスです。 次にMACアドレス制限と呼ばれる設定を行いましょう。パソコンでもゲーム機でも、ネットワークに接続できる端末には必ずMACアドレスと呼ばれるものが割り振られています。したがって、ルーターの設定で「このMACアドレスの端末のみ、接続を許可する」という設定を行うことで、外部の人間が所有するパソコンやスマホから勝手にルーターにアクセスされることを防げるのです。

光ファイバなどネット契約している家庭なら、wifiルーターを使って、自宅内のどこからでも無線で、スマホ、PC、ゲーム機などがネットにつながります。光ファイバ経由でつながるので、スマホの通信料金はかかりません。