上位機種なら強力な電波を拡散できる

同じワイヤレスルーターでも、価格帯によって性能は大きく変わります。安価な値段で市販されているスタンダードモデルは、電波が届く範囲が限定的です。ワンルームマンションなどで使う分には特にデメリットを感じません。一方で部屋数が多いタワーマンションや敷地面積が大きい一戸建て住宅の場合は、電波が届かない部屋や場所が生まれやすいです。そういった住まいで使うなら、高級な上位モデルがお勧めです。日本製の上位機種であれば、強力な電波を本体から飛ばすことが出来ます。初期投資は必要ですが、それに見合う快適なWi-Fi環境が得られます。上位機種の場合、障害物や距離によってWi-Fiの感度が落ちないのも大きなメリットです。通信エラーが非常に起きづらく、安定して高速アクセス状態が維持出来るため、ネットのヘビーユーザーに最適です。

新規格のルーターや中継器の導入で快適に

同じWi-Fiでも、規格の世代によって通信品質は変わります。旧世代のワイヤレスルーターの場合、距離や障害物に耐性がなく、広々としたマイホームの場合、遠くの部屋までは電波が届きにくいです。一方で新しい世代のWi-Fi規格であれば、距離や障害物によって通信品質が落ちにくくなっており、敷地面積が大きい一戸建て住宅や部屋数が多い高級マンションで使うのに最適です。新規格が扱えるワイヤレスルーターに買い替える事で、Wi-Fiの環境は大きく改善される事も多いです。またちょっとした工夫として、Wi-Fi専用の中継器を自宅に導入してみる方法があります。中継器を導入すれば、Wi-Fiの電波がより遠くの部屋まで届きやすくなります。ワイヤレスルーターの設置場所を物理的に動かすことができない場合などは新規格への買い替え、もしくは中継器を導入がお勧めです。